代表挨拶

image002

初めまして

藤本尚士と申します。

弊社は、経理代行に特化した熊本 経理代行・アウトソーシングセンターとしてHPを開設し、サービス提供を始めました。

 

当時、月に数回いろいろな業種のお客様から記帳や振込みなどの代行業務を行って欲しいという声がありました。

そのお声にお応えするため、本格的にサービス提供するに至りました。

ご存じの通り、会社を経営する上では数字を把握されることが大変重要です。

ただ、社長にとって一番大切なことは会社にお金を残し、増やして行くことです。

しかし、社長様ご自身が請求書発行や記帳、振込み業務、売掛金の管理を行うと、どうしても売上を上げるための時間が少なくなってしまします。これは大きな機会損失です。

また、記帳等を社長様ご自身で行うことができたとして、そのスピードはいかがですか?

毎月決まった日に入力を終え、その上がってきた数字を翌月に生かすことができていますか?

私がこの会社とサービスを立ち上げた理由はここにあります。

 

社長は本業に専念してください!

多くの経営者様とお話をさせていただく中で、社長ご自身で記帳などを行い、他者へ委託をされていません。

売上をあげるための時間、マーケティングやマネジメント(人的)などの時間が圧倒的に不足していると感じました。

この問題を解決するためには、まず社長様ご自身が社長様しかできないことをするべきです。

そのためには、社長様でなくてはできないことをするべきです。

そのため、雑務など社長様ではなくともできることは、他の方に任せる必要があります。

社長以外の人に任せる場合に、経理社員を雇うか、弊社のような外注としての経理代行業者に任せるのかといった選択があります。

そこで、経理社員を内部で雇用した場合と比較してみてください。

創業期の経理は「社長の仕事」と思っておられる方も多いです。

一方で、「月末は売上をあげたい、経理なんてやってられない」。

これも本音でしょう。

でも会計知識に乏しく、かつ激務の合間に合う経理作業はミスがつきものです。

あとあと重大なトラブルを招く原因になります。

では一体どうすればいいのでしょうか。

 

よくある“社長の経理のお悩み”を解決します

ここで、よくありがちな悩みを列挙しました。

●自分で経理をする時間がない。とはいえ社員にやらせたくない(見せたくない・・・)
●経理が辞めてしまった。なかなか次の人が見つからない。
●顧問税理士と契約しているが、経理作業についてはサポートしてくれない。
●税理士は「経理を採用しろ」というが、雇うほど仕事量があるわけじゃない。
●経理のためだけに毎月20万円の給与を払う余裕はない!
●しかも人を雇うにも採用コストの負担や面接の手間を考えると億劫だ。

経理担当者を雇うほどではない。
仮に雇ったとすると、人件費として固定費になってしまいます。

どうしよう?

そんな社長の力強い味方!それが、「熊本 経理代行・アウトソーシングセンター」です。

ちょっとしたお悩みでも構いませんので、まずはお気軽にお問い合わせください。

記帳代行をはじめ、経理に関して何かしらお役に立つことができると思います。

税理士法人新日本
代表社員 藤本 尚士


お気軽にお電話下さい 経理のお悩み無料相談受付中! 0120-932-229 受付時間 8:30-18:00土日祝も対応可 無料相談の詳細はコチラ